婦人

韓国語といった外国語を勉強すればオリジナルの曲も歌えるようになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

2つの料金システム

文字

大阪で英会話スクールを探しているとチケット制というのを見かけるかもしれません。このチケット制について説明します。チケット制を採用しているのは大手の英会話スクールが多く、授業料の支払い方と覚えておけば大丈夫です。チケットの購入枚数は自分で決めることができますが、1枚ずつ購入できる大阪の英会話スクールは少ないでしょう。ほとんどのスクールでは5枚だったり10枚だったりします。チケット制と定額制の両方を採用しているところもあるのですが、その場合は生徒が自由に選べます。チケット制は前払いなのですが、購入枚数が多くなると割引率も大きくなるのです。しかし、チケットの払い戻しの対応については大阪の英会話スクールによって異なるので、購入前にはしっかりと払い戻しの確認をするようにしてください。購入枚数が多くなると安く購入できるのですが、種類によっても安く購入できます。例えば、マンツーマンよりはグループのほうが安く購入することが可能です。
定額制は毎月いくらというように授業料が決められている料金システムです。定額なのでどのくらいなら授業料として払えるのかを決めやすいです。このシステムを採用しているのは大手だけでなく、大阪の個人の英会話スクールも採用しています。月単位での支払いになるのでチケット制よりも初期費用が少ないです。チケット制と同様にグループの授業が安くなります。自分に合った料金システムを選ぶようにしてください。また、それぞれの注意事項を確認することは忘れないようにしましょう。